パパの育児@132日目:深夜のチネリズム~お菓子作り

140219

こんにちは

今日は、お嫁様に協力頂きまして

奥会津昭和村お茶菓子コンテスト用のお菓子を作っております。

140219-1

材料を買い込んで準備万端です。

小麦粉に砂糖、バターがあればクッキーが出来上がります。

基本さえ押さえておけば、あとはアレンジです。

今回のコンセプトはエゴマを使ったお茶菓子なので、煎じたエゴマをすります。

140219-2

前回、石臼で失敗したので、すり鉢を借りてきました(^^;)

胡麻の良い香りがしますねぇ。

で、小麦粉とバターと砂糖に練り込んで行きます。

香りづけに、バニラエッセンスなんかを少々。

140219-3

これで生地はできあがり~。

ここまでは、わりと簡単です。

さぁ、お嫁様~一緒にチネろうか?

お嫁様「はぁ?なんで?」

ウルズ「なんでやないやろ~。これチネらなきゃコンテスト出せないんじゃ!」

お嫁様「明日やれば良いじゃん」

ウルズ「ノストラダムスの予言では、明日は人生最高の日なんだよ?最高の日を最高で迎える為に今日頑張ろう!」

お嫁様「説明が適当すぎて意味がわからない」

っとなんだかんだと言いつつ手伝ってくれるお嫁様

140219-5

お嫁様「有野の気持ちがわかる。有野可哀そう。」

なにやらブツブツ言い続けておりますが、愛の小言です。

夜更けまで続くチネリ。

140219-4

お嫁様が眠いを連呼しておりますが・・・

極限を越えてこそ美味しいお菓子が生まれるのです。

140219-6

さぁ、焼き上げるぞ☆

出来上がりが楽しみです(^^)

6件のコメント

  1. ネチるって何?丸めること?
    午前2時半までネチネチねちってたの??
    お嫁様も小言を言いながら手伝ってくれるなんて、ツンデレですえ。
    愛があるから出来るのよね。わしゃ先に寝るわ。

  2. 夜遅くまでお二人ともお菓子作りお疲れ様です。
    ゴマの入ったクッキーはお茶と相性良さそうです。

    チネるとはこねるって事ですか??
    焼き上がりの写真も楽しみに待ってます♪

  3. 雪月花さん
    はい、お茶の相性抜群です^^
    ちねるは、多分千切って練るだと思います。
    黄金伝説のよいこの得意技です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。