社労士の仕事とは

社労士の仕事とは

「社会保険労務士」ってどんな仕事をしている人?


「社会保険労務士」って何?っという質問をよくされます。
例えば「税理士」→税に関するプロ
「弁護士」→法律相談に乗ったり、依頼人に代わって相手方と交渉したり・・・
いわゆる「弁護」のプロ
では社会保険労務士はというと、同じように言ってみると
「社会保険労務士」→社会保険と労務のプロということになります。

では社会保険と労務のプロって一体どういうことをするんでしょうか?

「社会保険のプロ」って?

社会保険というのは主に「健康保険」とか「厚生年金」等を指すことが多いです。
皆さんも会社に入社した際に会社から健康保険証をもらった記憶があると思います。
また旦那さんの扶養に入ったり、出産した際にはその費用を国が補助してくれたり。
それには全部「手続き」というものが必要なんです。
そういった手続きを会社の代わりにできる資格を唯一持っているのが社会保険労務士です。
手続き以外にも年金の相談に乗ったり、一定の障害を持った方へ 支給される「障害年金」
の申請を代わりに行ったりといった業務もあります。

「労務のプロ」って?

その名の通り「働くこと」に関してのプロといえると思います。
一般に企業が経営をしていく上で重要な4つの資源、「ヒト・モノ・カネ・情報」の内、その中で一番重要
な「ヒト」に関するエキスパートとして活躍します。
例えば社会保険労務士は「労働基準法」などにも精通していますので、人を雇っていく中で出てくる「労
務管理」に関する相談に乗ったり、従業員のトラブル防止のための対策(就業規則の作成や人事評価制度
の設計等)をしたり、従業員の採用や定着を図るための取り組み(各種研修や育児介護休業制度の整備
等)を行ったりなど、「ヒト」に関わる様々なことを通じて企業の発展をサポートしています。
その他にもハローワークへの申請や手続き、労災が起きた時の手続きなど、社会保険に関すること以外へ
の手続きももちろんすることができますし、給与計算なども代行して行っています。
企業で言えば「人事部や労務部の仕事」と言えばわかりやすいかもしれません。

しぶやめぐみ社会保険労務士事務所が考える社労士像

先にも言いましたが、会社を作り、発展していくうえで最も重要なもの、それは「ヒト」だと私は思って
います。
どんなにすばらしい技術があっても、どんなにすばらしい能力がある従業員がいても、仕事を楽しいと思
える環境ではなかったり、公平な評価をしてあげなければ、従業員のモチベーションの低下へと つなが
り、技術は宝の持ち腐れ、能力のある社員も次々と離職していってしまいます。
でも逆に、技術が足りなかったり、従業員にずば抜けた能力がなくったって、「自分の会社のために!」
とみんなが1つになっていけば、それはいつしか大きな力となって会社の発展に寄与していくものです。
現在の日本は少子高齢化による人材不足、またグローバル化による競争激化が進んでおり、いかに優秀な
人材を育て、定着させ、生産性を上げていくかという点が重要なポイントになってくるかと思います。
今後、私たち社会保険労務士には、単なる手続き業務や労務相談だけでなく、いかにそのポイントに助力
できるか、というところが求められるのではないでしょうか。
また、地元富山の経済の発展、そして富山で働くみんながいつも笑っていられるようないきいきとした環
境を作っていくためにも、社会保険労務士にはその力量が試されていくのではないかと考えています。