事務所の特徴

事務所の特徴

Point 1 『ヒト』に関するエキスパートとしてあなたの起業をサポートします!

経営者は本当に忙しい。
やらなければならないことがたくさんあるのに、会社の成長が進むにつれて「ヒト」に関わる悩みは増える一方。

人を雇いたいけどどうしていいかわからない・・・
人を雇ったらたくさんの書類の作成をしなければならないけど、そんな時間もないし・・・
その一方で従業員とトラブルが発生、その対応にも迫られ・・・
法令改正があったと聞いたけど、まだ調べてもいない・・・

こうやって悩んだり、作業に追われる時間、もったいないと思いませんか?
営者は経営に専念すべきです!

社会保険労務士とは企業を構成する経営資源の(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、『ヒト』に関する部分を担当するスペシャリストです。
各種手続きのほか、「ヒト」に関するアドバイス、労働相談や人材の採用定着のお手伝いなどを請け負います。
まずは「ヒト」の部分について、当事務所にお任せください!

Point 2 商品開発の経験を提供し、『モノ』に関してもサポートします!

企業を経営する上で「モノ(商品やサービス)」というのは大変重要です。
モノの良し悪しによってその企業の将来が変わると言っても過言ではありません。

商品開発には「手法」があります。
手法を知ったうえで開発することが売れる商品を生み出す近道です!

がむしゃらにやるのも悪くはないですが、なるべくストライクゾーンに近く投げる方が効率がいいですよね?
13年間商品開発に携わってきた経験を活かし、「ヒト」だけでなく「モノ」に関しても+αでサポートいたします!

Point 3 大企業と中小企業、両方の勤務経験を活かしたアドバイスが可能です!

大企業に勤めていた際、例えば商品の開発作業を行っていく上で問題にぶち当たった時に「大企業であるからこそ難しい」という場面によく出会いました。
そして中小企業に転職し、同じ状況に出くわした際、「中小企業であるから故に難しい」ということもしばしば。
お互いにメリットとデメリットがある。

強みは最大限に生かしていき、弱みは相手のやり方をうまくカスタマイズして取り入れていく。
これが企業の成長の鍵となります。

私には従業員数約5000人弱の大企業での勤務経験と、従業員数300人以下の中小企業での勤務経験、両方がございます。
それぞれの事業主様にあったアドバイスやそれぞれのメリットをうまく取り入れたご提案が可能です。
ぜひ1度ご相談ください。